「ばれんたいんでー」と「平賀源内」

次女にもらったバレンタインチョコを食べながらブログを書いてみる。

日本のバレンタインデーは年々進化している。

義理チョコから始まり友チョコ…などなど、

とにかくチョコレートをいろんな人へ渡す習慣を植え付けている。

考えてみれば「土用の丑の日はうなぎを食べる」というのが

平賀源内が鰻屋さんに頼まれて考えたキャッチコピーが起源であるのと同じ原理。

様々なヒントは歴史の中にも隠されている。

偶然にも平賀源内は、私の住む讃岐出身。

ヒットを生み出すヒントは郷土の偉人にいただきましょう。

IMG_6402 2